救い主

パワースポットや、
クリスタルや、
瞑想や、
お役立ち本や、
セミナーや、
そういったものが、
わたしを救ったのではありませんでした。

それらは、わたしを助けてくれたこともありましたが、
どうあがいても、そこからは進めない何かをいつも感じていました。

ただひとりでいい。

目の前の人の本当の姿を見たときに、
わたしはようやく、自分の光を受け入れることが出来たのです。

なぜならわたしたちの源は同じだからです。

そして
その人の後ろには、
わたしがこれまで出会った人、
これから出会う人のすべてが立っていました。

あなたがいなければ、
わたしは自分の光を、輝きを、強さを見ることはできません。

営業マンも、
レストランのウェイトレスも、
トラックの運転手も、
物書きも、

わたしたちはみな同じことをしています。

ひとりひとりの感受性の使い方に違いがあるだけで、
みな同じことをコミュニケートしています。

相手に、「わたしたちとは何なのか」を示しているのです。

そのことにのみ、心を向けるなら、
わたしたちの行動は勝手に為されます。

s__10944519