Hallelujah

YouTubeでたまたま見つけて、それから夢中になりました。

起きているときも、寝ているときも、
ずっと聞いていたい、浸っていたいと思った歌。

 

声も、性別も、肌の色も、それぞれに違います。
でも、それらの個性を最大限に生かして、
こうして、ひとつものもの創り上げています。

それぞれに、自分の役割があります。

その役割を果たすこと。
与えられた個性を発揮して、自己の魂のうたを奏でること。

それはいつしか、
となりの人の魂の歌と共鳴し、
やがてひとつの歌になります。

そして、、
その歌は、
感謝の証として、神に捧げられるのですね。

そう、ハレルヤです!