公園でのこと

その日は、午後からはじまる講演会に参加する予定でした。
ランチがまだだったので、会場前の広場でひなたぼっこしながら食べようと
おにぎりを買って向かいました。

ところが、イベント開催のおかげで広場は人でごった返しており、
やっとのことで見つけた座れるスペースは、
1組の親子が座っているベンチの端っこでした。

お邪魔にならないように、さっと食べて立ち去るつもりだったのですが
隣にちょこんと腰かけている2歳くらいの女の子が
フライドポテトをほおばる姿が可愛くて、
つい話しかけてしまいました。

天使は、たくさんのことをおしゃべりしてくれました。

アンパンマンのこと、
お芋さんのこと、
パパのこと、
そして、
アンパンマンのこと。

あっという間に時間がたち、講演会の開始時刻になったので、
ママと女の子にお礼を言って立ち上がろうとしたとき、
その子が言ったのです。

「みないちょ、みないちょ」

なんて言ってるんですか?とママの顔を見ると、
「みんな一緒って言ってるんですよ」と。

これには、心底驚きました。

どういう文脈で、その子が「みんな一緒」と言ったかはわからないけれど
(そして、1歳7ヶ月の幼児に、文脈というものはおそらく存在しないけれど)

どういうわけだか、
その子は「みんな一緒」という言葉を発したし、
わたしもそれを聞いたのです。

これは…
ほんとうに天使の言葉だなあ、と思いました。

「わたしたちはみんな一緒だよね」ということを
なんでもない日常のなかで鮮やかに思い出させてくれたその采配、
このかけがえのない、ひとコマに感謝せずにはいられませんでした。

ひとりでは、知り得ないことがたくさんあります。
「だれか」としか、見えないもの、聞こえないものがあります。
いま目の前にいるそのひとが、その「だれか」なんですね。

まおちゃん、どうもありがとう!

img_2200


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中